SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

NTTドコモ、授業で活用できる小学生向けプログラミング教材「センサープログラミングPIoT」を提供開始

 NTTドコモは、教育現場におけるプログラミング教育の普及を目指し、小学生向けプログラミング教材「センサープログラミングPIoT(ピオット)」を、8月6日より自治体や小学校向けに提供を開始した。

 本教材は、小学校教育における多様な授業に対して、プログラミング導入を容易にする小学校向けのパッケージ。教育現場で手軽に活用してもらうため、小学校で広く普及している「Scratch」をベースに開発したアプリケーション「Sensor Programing App」、さまざまな「センサー」、先生を支援するための「動画コンテンツ」を1つのパッケージとして提供する。

 本教材を活用する例として、新学習指導要領に例示されている、センサーを活用する理科の授業「電気の利用」をはじめ、空気の温まり方の測定や光の性質を調べる授業など、センサーの組み合わせ次第で、さまざまなプログラミング学習が可能となる。

6年理科「電気の利用」での活用イメージ
6年理科「電気の利用」での活用イメージ
4年理科「空気のあたたまり方」での活用イメージ
4年理科「空気のあたたまり方」での活用イメージ

 身近なデータを使ったリアルなプログラミング体験ができるため、児童は身の回りの事象に興味を広げることができ、授業理解度を深めるとともに、2020年から小学校で必修化されたプログラミング教育の目的であるプログラミング的思考を広い視点で習得することができる。

 利用料金は、「基本パック(1年)」が9万1000円、「基本パック(3年)」が9万8000円、「電気の利用パック」が8万3000円(いずれも税抜)。

 パッケージには、「Scratch」をベースに開発したアプリケーション「Sensor Programing App」と、「温湿度センサー」「明るさセンサー」各5個(「電気の利用パック」には温湿度センサーが含まれない)、先生向け「動画コンテンツ」(オンライン講座gacco上で提供)の3点が含まれる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/4286 2020/08/11 15:25

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング