EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

AI型学習教材「Qubena」、理・社・国を追加した主要5教科対応版の提供を2021年4月に開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/08/04 11:00

 COMPASSは、AI型教材「Qubena(キュビナ)」の5教科対応版を、公教育向けに2021年4月から提供する。

 従来「Qubena」は算数/数学、英語に対応していたが、今回対応教科を大幅に拡大し、小学校・中学校の算数/数学、国語、理科、社会、英語の主要5教科に対応した、アダプティブラーニング教材として提供される。

 新学習指導要領の「知識技能の習得」部分を中心に学習が可能で、タブレット端末とインターネット環境があれば、どこでも学習できる。また、教員用の管理画面では、児童・生徒の学習履歴のリアルタイムでの管理が可能になっている。

 そのほか、手書き機能を搭載しており、筆記問題の文字認識や自動での正誤判定を行うとともに、作図やグラフの問題も備えているので、ノートを使った学習と変わらず直感的な操作で、ストレスを感じることなく学習できる。

 また、教員をサポートする学習管理ツールも搭載しており、児童生徒の学習データをリアルタイムに確認し、学習進度や理解度、問題ごとの正答率などを把握しながら、授業づくり、学習指導や成績評価に活用できる。

5教科対応版「Qubena」の画面イメージ

5教科対応版「Qubena」の画面イメージ

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0