EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

日本財団がSNSに関する18歳意識調査を実施、7割超が法整備「必要」と回答

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/31 15:05

 日本財団は、SNSをテーマにした18歳意識調査の結果を、7月30日に発表した。

 同調査によれば、調査対象の91.6%がSNSを利用しており、2.4%は過去に利用していたと回答しており、SNSの利用経験は94.0%に達している。

普段からSNSを利用しているか

 SNSの用途としては(複数回答)、「情報収集」(80.4%)が最多で、「友人とのやり取り」(75.5%)、「学校や仕事などの連絡」(69.0%)がそれに続いた。

SNSの用途

 SNSの使用経験者を対象に、1日にどれくらいの時間をSNSに割いているかを尋ねた質問では、半数超の人が1日に2時間以上をSNSに割いていることが明らかになっている。

1日にどれくらいの時間をSNSに割いているか

 SNS経験者の75.2%は「SNSが生活に必要不可欠」、44.1%は「SNSに依存している」と回答した。

 また、SNS経験者の5.2%はSNS上で根拠の希薄な批判や悪口を書いたことがあり、5.1%は真偽や根拠が不明な批判、誹謗中傷発言をシェアまたはリツイートしたことがあるという。

SNS上で根拠の希薄な批判や悪口を書いたことがあるか/真偽や根拠が不明な批判、誹謗中傷発言をシェアやリツイートしたことがあるか

 SNSを通じて誹謗中傷を受けたことがある人は、SNS利用者の12.0%に達しており、その理由については約3割の人が「わからない」「知らない」と答えている。そのほか、「賛否両論の意見を公の場で言ってしまったから」「少し言い過ぎた」「相手をブロックしたこと」といった本人の発信内容が発端のものや、「いじめられていて、SNS上でも学校の同級生たちにアカウントを特定されて暴言を吐かれた」「学校の同級生の人で、あまりよく思われていなかったから」といった学校でのいじめや人間関係に起因する理由が挙げられた。

SNSを通して誹謗中傷を受けたことがあるか

 リアリティーショー出演者がSNS上で誹謗中傷を受けた原因は何だと思うかを尋ねた質問(複数回答)では、「SNSの匿名性」(63.3%)という回答がもっとも多い。

リアリティーショー出演者がSNS上で誹謗中傷被害を受ける原因

 SNS上での誹謗中傷や風評被害を防ぐために、法整備が検討されていることに対しては、75.5%が法整備は「必要である」と答えている。

SNSに対する法整備についてどう思うか

 法整備が「必要である」と答えた人に、その理由を尋ねたところ、「風評被害や誹謗中傷を受けた人を守るため」(64.1%)、「誹謗中傷にあたる表現が多いから」(61.7%)といった意見が上位となった。

SNSに対する法整備が必要/不要である理由

 一方、法整備の「必要はない」と答えた理由としては、「個人の自覚の問題」(49.4%)が最多となっている。

 SNSでの誹謗中傷や風評被害を防止するための法整備において、盛り込むべき点としては(複数回答)、もっとも多くの人が「誹謗中傷の発信者への厳罰化」(59.2%)を挙げた。

SNSに対する法整備に盛り込むべき点

 ネットリテラシーを学んだことがあるかを尋ねた質問では、73.8%が「はい」と答えている。

ネットリテラシーを学んだことがあるか

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0