EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」、応募受け付けを開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/07/15 13:25

 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」の応募受け付けが7月15日に開始された。

 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」は、日本発のプログラミング言語「Ruby」を使って開発したプログラム作品を募集し、プログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さといった観点で優秀作品を選出・表彰する国際的なコンテスト。今回で10回目の開催となる。

 今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、最終審査会をオンラインで開催する予定で、学校の休校などの状況を鑑み、募集期間も例年より延長された。

 募集するのは「ゲーム部門」と、Webアプリケーションや各種ツール、ロボット制御などのプログラム作品を対象にした「クリエイティブ部門」の2部門。参加条件は、生年月日が2002年4月2日以降で、個人またはグループで申し込める。応募締め切りは2021年1月11日まで。

 2021年2月上旬に実施される一次審査では、Rubyエンジニアによるソースコードのレビューが行われ、2021年3月6日の最終審査会で、応募者のプレゼンテーションによる審査を経て、受賞作品が決定する。

 応募詳細および応募方法については、コンテストのWebページを参照のこと。

昨年の最終審査会の様子
昨年の最終審査会の様子

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0