EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

サイバートラスト、「教育機関向けセキュリティソリューション」の提供を開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/22 15:24

 サイバートラストは、文部科学省が提示する「GIGAスクール構想」に準じて、教育機関における安心・安全な教務環境の実現を支援するセキュリティ対策として「教育機関向けセキュリティソリューション」の提供を、6月22日に開始した。

 「教育機関向けセキュリティソリューション」は、「情報セキュリティコンサルティングサービス」「情報セキュリティ教育サービス」「Wi-Fi セキュリティ調査サービス」「サイバートラスト デバイス ID」「SureMail(シュアメール)」で構成される、教職員や教育委員会など教育機関向けサービス。

 「情報セキュリティコンサルティングサービス」では、教育委員会および学校のシステムの現状を把握し、文部科学省の教育情報セキュリティポリシーガイドラインや ISMS(国際標準規格)、法令などとの比較、評価に基づき、現場の運用に則した有効性のある対策要件やセキュリティポリシーの策定を行う。

 「情報セキュリティ教育サービス」では、情報セキュリティを正しく理解し、意識・知識を向上させるためのセキュリティ教育サービスを、自治体・学校・教職員向けに提供する。

 「Wi-Fi セキュリティ調査サービス」では、学校敷地内に存在するアクセスポイントや無線通信の暗号強度、セキュリティを弱めるアクセスポイント上の設定を調査し、無線 LAN 環境における盗聴、アクセスポイントのなりすまし、不正侵入の可能性を評価し、セキュリティ要件構築の支援を行う。

 「サイバートラスト デバイス ID」は、電子証明書を活用した端末認証によって安全な接続先ネットワークを制御し、学校の指定端末のみがアクセス可能にすることで不正な機器の接続を防ぐ。

 「SureMail」は、企業や組織の実在性をサイバートラストが認証した上で電子メールに電子署名を行うことによって、なりすましメールを防ぎ、差出人の確認と内容が書き換えられていない安全なメールであることを受信者が容易に確認できるようにする。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0