EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「スクール版シンクシンク」がオンライン遠隔学習に対応、EdTech導入補助金に関するオンライン説明会も

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/05/29 07:00

 ワンダーラボは、同社が開発・運営する教育機関向けの思考力育成アプリ「スクール版シンクシンク」にオンライン遠隔学習用の機能を追加して、7月中旬に提供を開始する。6月には、自治体や学校などの関係者を対象にした、「EdTech導入補助金」を活用した導入に関するオンライン説明会を行う。

「EdTech導入補助金」活用オンライン説明会

 「スクール版シンクシンク」には、新たにオンライン遠隔学習のための機能として、「オンライン授業モード」と「自習モード」を搭載する。

 「オンライン授業モード」では、授業中に講師用ダッシュボード上で教員が問題を指定すると、児童の端末でその問題を一斉にプレイできるようになる(制限時間は各問題3分間)。プレイ中は、各児童のスコアやそれまでに解いた問題数、1つの問題を解くのにかかった時間といった状況を、リアルタイムで把握可能になっている。

 「自習モード」では、講師用ダッシュボード上で、期間を指定して1日あたりのプレイ可能回数を設定できる。児童の「やりすぎ」を防ぐとともに、いつでもどこでもプレイしてもらえるようになる。

 「EdTech導入補助金」活用に関するオンライン説明会では、「スクール版シンクシンク」の概要や、オンライン遠隔学習での使用方法、「EdTech導入補助金」を活用した導入ステップなどについて、わかりやすく説明する。開催日時は6月5日・9日の、どちらも18時~19時。参加にあたっては、事前申し込みが必要となる。

 「スクール版シンクシンク」は、家庭向け思考力育成アプリ「シンクシンク」のスクール版で、思考力を育てる1回3分のミニゲーム形式の教材を100種類1万5000問収録する。問題は、空間認識・平面認識・試行錯誤・論理・数的処理の5分野で構成されており、生徒ごとの進捗がわかる講師用ダッシュボードも用意している。

「スクール版シンクシンク」活用イメージ
「スクール版シンクシンク」活用イメージ

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0