EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アフターコロナで学校が担う役割はどう変わる?【グローバル・ティーチャー賞トップ10の正頭先生に聞く・後編】

グローバルな視点から探る、これからの時代に必要な幼児教育 第3回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/06/08 07:00

 2030年の社会・経済を概観し、将来求められる人物像を描きながら、そこから見えるSTEAM教育の本質や幼児教育のあり方について国際的かつ多角的な視点から迫る本連載。前回に引き続き、今回も著者である株式会社プレイシップ 共同創設者の花岡直毅さんと、教育界のノーベル賞とも呼ばれる「グローバルティーチャー賞(Global Teacher Prize)」の2019年のトップ10ファイナリストである、立命館小学校教諭の正頭英和先生との対談を通じ、「STEAM教育」や「主体的・対話的で深い学び」が注目される時代背景や、これからの学校の役割について考察します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0