Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

「QUELCODE」、新型コロナで内定を取り消された学生に無償カウンセリング提供

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020/03/19 07:00

 LABOTは、新型コロナウイルスに関連して正社員の採用内定を取り消されてしまった学生を対象に、同社が運営するプログラミングスクール「QUELCODE」において、キャリアコンサルタントの国家資格を有する担当者による無償オンラインカウンセリングを3月23日から随時実施する。

 今回実施する、無償オンラインカウンセリングは、国内の大学、大学院、短大、専門学校、専門職大学、高等学校などに在籍し、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう経済的混乱によって、内定取り消しなど就労が困難になった、あるいは就職活動の再開を余儀なくされた、IT関連職への就業に関心がある学生を対象にしている。

 カウンセリングを担当するのは、同社のCHROであり、キャリアコンサルタントの資格を持つ横井良典氏と、代表取締役ファウンダーの鶴田浩之氏。

 申し込み受付の締め切りは3月31日。なお、同カウンセリングでは、同社の事業・サービスへの勧誘などは行わないが、希望者にはISAプログラムの提案を行う。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0