EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

クラーク高校、ARゲームを活用した体育の特別授業を実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/25 20:40

 クラーク記念国際高等学校(以下、クラーク高校)の秋葉原ITキャンパスは、Graffityが提供するARシューティングバトル「HoloBreak」を活用した体育の特別授業を12月19日に実施した。

授業中の様子

授業中の様子

 「HoloBreak」は、スマホのカメラ上に再現されたARを活用するシューティングゲーム。従来のスマホゲームとは異なり、身体を大きく動かすことができる。また、運動が苦手な生徒も体育の授業に親しみを持って参加できるほか、戦略性のあるゲームを通してチームワークの向上が期待されている。

 今回の授業では、クラーク高校の秋葉原ITキャンパスにて有志の生徒24名を対象に「HoloBreak」のベータ版が提供され、3対3のチームバトルを実施した。多くの生徒が操作に迷うことなく楽しみ、チーム内でアイテムの選択や役割分担を行うなど、コミュニケーションが積極的に交わされた。

 体験した生徒は「リアルでの運動とバーチャルであるARの組み合わせが面白かったです。運動が苦手な人でも気軽に楽しめると思いました。今はeスポーツが新しい競技として世界的に盛り上がっていますが、ARスポーツも同じように競技として発展する可能性を感じました」と語った。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0