EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

LINE、メルカリ、警視庁、中央大学、サイバーセキュリティ人材育成で協定締結

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/18 16:35

 LINE、メルカリ、警視庁サイバーセキュリティ対策本部、中央大学は、サイバーセキュリティ人材育成に関する教育・研究活動の交流および連携・協力を推進することを目的に、「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」を、12月18日に締結した。

 「サイバーセキュリティ人材の育成に関する産官学連携についての協定」は、サイバーセキュリティ人材の育成推進にあたって、「官」の強みである犯罪捜査および犯罪情勢に関する知見、「学」の強みである学術研究に関する知見、「産」の強みである情報通信技術やリテラシー教育に関する知見を持ち寄ることで、人材育成に対する相乗効果を発揮し、サイバーセキュリティ脅威への対処能力の向上を目指したもの。

 中央大学は、2019年4月に「情報の仕組みと情報の法学の融合」をテーマに国際情報学部を新設し、将来幅広い分野で活躍する学生に対して人材の育成に取り組むとともに、AI技術や通信技術、データサイエンスを扱うリテラシーを持った人材の育成に全学で取り組んでいる。さらに、2023年に実施される法学部の文京区への移転にあわせて、法曹を中心としたプロフェッショナル人材の養成も推進していく。

 メルカリは、2017年(平成29年)からインターネットでの取引や個人間取引、お金の管理に関する啓発活動として、全国の青少年や教育関係者を対象に講演活動を行っている。また、2019年からはインターネットを通じた個人間取引におけるネットリテラシー教育用の動画教材を含むプログラム開発にも取り組んでおり、学校では総合学習や家庭科などの副教材としても活用されつつある。

 LINEは、2012年(平成24年)から青少年の情報リテラシー・情報モラルの向上、およびコミュニケーショントラブルの防止などを目的としたネットリテラシー啓発活動に注力しており、オリジナル教材を活用した全国での講演活動を実施しているほか、東京都教育委員会と共同で小中高生向けの「SNS東京ノート」を開発し、都内の公立学校の全児童・生徒向けに配布するなどの活動を行ってきた。

 今回の協定締結を通じて、まずは産・官・学連携で青少年向けのサイバーセキュリティ教育に取り組むとともに、今後はサイバーセキュリティの中核を担う人材の育成も目指していく。

協定締結式の様子
協定締結式の様子

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0