Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

河合塾のノウハウを活用したAI活用型教育サービス「河合塾One」提供開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/12/13 19:25

 河合塾グループの河合塾Oneは、河合塾の指導ノウハウを活用したAI教育サービス「河合塾One」の提供を、12月10日に開始した。記念キャンペーンとして、2020年3月までは月額2980円(税抜き)。

 「河合塾One」は、全国の高校生を対象にした、家庭で受講できるAI活用型教育サービスで、AIを活用した理解度判定と、それに基づく教材のレコメンド(学習推奨)によって、限られた時間の中で最大限の学習効果が得られるよう配慮されている。

「河合塾One」画面イメージ
「河合塾One」画面イメージ

 すべてのサービスがオンライン上で展開されるため、全国24時間いつでもどこでも受講することが可能。塾に通う時間のない人や、近隣に予備校・塾がない地域の人でも、河合塾の教育サービスを手軽に受講できる。

 オプションとして、独自の研修を受けた大学生が、学習の進捗管理や進路相談をサポートする「トレーナーサービス」も用意する。

 受講対象は高校生で、中学生や高卒生も利用可。サービス開始時点での提供科目は英語、数学(IA・IIB、III)で、2020年4月からは物理、化学、古文の提供も予定している。また、数学は復習として小学校・中学校分野も含まれる。

 受講料は月額3980円で、2020年3月までは記念キャンペーンとして月額2980円で受講できる。「トレーナーサービス」は月額1000円(いずれも税別)。

 そのほか、2週間の無料お試し受講も用意している。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0