SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

凸版印刷、映像と通信による遠隔校外学習サービス「IoA学園」提供を開始

 凸版印刷は、小中高等学校の校外学習向けに、学校と遠隔地を4K映像と5Gを見据えた通信でつなぐ遠隔校外学習サービス「IoA学園」の提供を、11月20日に開始する。

「IoA学園」のサービスイメージ
「IoA学園」のサービスイメージ

 「IoA学園」は、同社が東京大学大学院情報学環の暦本研究室と共同で研究・開発している「IoA仮想テレポーテーション」技術を活用しており、移動にかかる時間的・身体的な制約を取り払い、子どもたちに幅広い範囲での学びの場の提供を行う。

 学校と遠隔地を映像でつないで学習を行うため、日本国外や人の立ち入ることが難しかった場所への「バーチャル遠足」を簡単に実現できる。

 なお「IoA学園」は、ふたばプロジェクトとNTTドコモの協力によって、福島県いわき市の双葉町立双葉南・北小学校で11月20日に行われる「2019バーチャルふるさと遠足」において活用される。

 「2019バーチャルふるさと遠足」は、東日本大震災によって町内のほとんどが帰還困難区域に指定されている福島県双葉町からの避難生活が続く子どもたちが、ふるさとの現状を知り、復旧・復興に向けた取り組みを学習することを目的としている。

「2019バーチャルふるさと遠足」における「IoA学園」活用イメージ
「2019バーチャルふるさと遠足」における「IoA学園」活用イメージ

 表示装置や「仮想テレポーテーション」デバイスなど一式のレンタル価格は15万円から(別途、通信費用や送料が必要)。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/2947 2019/11/19 17:35

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング