Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

「世田谷VIVITA ROBOCONチャレンジプロジェクト」、全国大会への集大成・世田谷地区大会ロボコンを開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/25 15:35

 マナビダイスキは、10月6日に開催されるロボコンの全国大会「VIVITA ROBOCON 2019 FINAL」に、子どもたちが挑戦するプロジェクト「世田谷VIVITA ROBOCONチャレンジプロジェクト」を実施。8月から約2カ月にわたり、小学1年生から中学1年生まで総勢20人の子どもたちがオリジナルロボットを製作してきた。9月29日には、プロジェクトの集大成となる世田谷地区大会ロボコンが開催される。観戦・応援は一般公開で、ライブ配信も予定されている。

 「VIVITA ROBOCON」は、与えられた課題に対して子どもたちが自身のアイデアでロボットを製作し、プログラミングで競うロボットコンテスト。「VIVITA ROBOCON」に参戦する条件は、ロボットの制御機構に「VIVIWARE Cell」を使用することのみで、ロボットの材料、動力、アイデアに制限はない。

ロボコンの様子
ロボコンの様子

 8月31日に開催された「プレロボコン」は、8月上旬に実施されたロボット製作体験会に参加した子どもたちが作ったロボットの成果発表の場となった。また、9月7日に開催された東京都市大学「夢祭」のプログラムのひとつとして、同大学機親会(機械・機械システム工学科)の学生と共に、中間発表の場となるロボコンが実施された。ロボコンの進行中、サーボモーターの不具合によるトラブルに見舞われた子どももいたが、「どうしても自分のロボットをこのロボコンで動かしたい」という思いに応えようと、学生たちや大人たちが必死でサポートする様子が見受けられた。

 今回開催される「VIVITA ROBOCON世田谷地区大会」は、子どもたちが製作したロボットの成果を確認する集大成の場となっている。開催日時は9月29日の11時から15時。会場は東京都市大学 二子玉川 夢キャンパス。なお、10月に開催される全国大会の出場者も同日に決定する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0