Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

AKA、慶応義塾中等部に英語学習AIロボット「Musio」を導入

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/18 16:05

 人工知能のエンジンやロボットを開発しているAKAは、慶応義塾中等部に英語学習AIロボット「Musio(ミュージオ)」を導入する。

 「Musio」は、 自ら考えて会話をすることができ、会話内容を徐々に覚えるソーシャルロボット。アメリカのネイティブ英語で自然な英会話ができる「チャットモード」と、 専用教材を用いてレベルや目的に合わせた英語学習ができる「チューターモード」がある。

 また、新しく追加された「アカデミーモード」では、単語・表現パターン・会話フレーズの反復練習を行うことができる。さらに各校の学習カリキュラムに合わせたコンテンツ制作や会話練習が可能で、学習履歴も取得できる。そのため、授業中だけでなく授業外でも教員のサポートを行える。

 実際の授業では「アカデミーモード」が活用され、ひとり一人の発話量を増やし、 アクティブラーニングを促しながら英語学力向上を目指す。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0