Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

グローバルキャスト、「子どもみらいグランプリ2019」を7月15日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/19 18:10

 グローバルキャストは、教育事業ブランド「G-VaLEd」において、小学生~高校生を対象にしたプログラミング・ICTスキルを競う全国大会「子どもみらいグランプリ2019」を、7月15日に愛知県名古屋市ナディアパーク(デザインホール)で開催した。

当日の様子
「子どもみらいグランプリ2019」当日の様子

 「子どもみらいグランプリ2019」では150名以上の子どもたちが集まり、全国9会場で実施した地区大会の上位者が競う「プレゼンテーション部門」(小学生の部、中学生の部、高校生の部)や、全国の上位80名がパソコンのキーボードの打数を競う「入力部門」、パソコンで創作したイラスト作品の発表を行う「イラスト部門」が開催されている。

 さらに、一般公募による「プログラミング部門」、「ロボットプラグラミング部門」「CG-ARTS部門」の表彰も行われた。

 「プレゼンテーション部門」の小学生の部では、茶道やバレーボールといった普段取り組んでいる習いごとや、学校での友人関係などについて、身振り手振りを交えながら発表したほか、中学生の部・高校生の部では「相互コミュニケーションや伝達手段について」「ユニバーサルデザインについて」といった、大会テーマである「伝える」に沿った発表が行われている。また、「入力部門」では指定された文字を、時間内にどれだけ入力できるかを競った。

 そのほか、会場内には同社が運営するドローンオンライン学習サイト「プロペララボ」のドローンプログラミング体験コーナーも設置されている。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0