EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

COMPASS、「未来の教室」実証事業として中学校でアダプティブラーニング実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/18 14:46

 COMPASSは、経済産業省が推進する2019年度「『未来の教室』実証事業」の「“モデル校”実証」において、前年に引き続き実証事業者として採択されたことを、7月17日に発表した。

 同社が実施する2019年度の実証では、東京都千代田区立麹町中学校の協力を得て、前年度の実証から継続している数学に英語を加えた複数教科における「アダプティブラーニングによる知識・技能の習得」の個別最適化と効率化を図る。

 個別最適化や効率化によって創出された時間では、探究学習として前年度と同じくSTEAM教育を行う。前年度は、数学を実践的に活用しながら最先端のテクノロジーを使って課題に取り組むことで、実社会における数学の重要性を学んだが、今年度は実際に存在する具体的な社会課題に踏み込んで数学・英語の複数教科の重要性を学習する。

 実施期間は7月~2020年2月で、アダプティブラーニング教材の導入では数学は1~3年生、英語は2年生、STEAM教育は2年生が対象となる。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0