Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ロボット教育の実践事例を紹介する教育者向けシンポジウム、7月20日に開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/06/13 16:47

 アフレルとWRO JAPANは、「第12回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム」を、7月20日に科学技術館(東京都千代田区)で開催する。

第12回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム

 「第12回 科学技術におけるロボット教育シンポジウム」は、教育現場、人材育成現場で実践されているロボットを活用した教育内容、手法などの発表、および受講機会を設けるとともに、教員・指導者同士の交流の場を提供することを目的としている。

 また、日産自動車、アイシン精機より招いたゲストによる特別講演もあわせて行う。

 参加対象は、小中高校生向け国際ロボットコンテスト「WRO(World Robot Olympiad)」に参加する選手たちを指導する、小中高校の教員、私塾やNPOの指導者、およびそれをサポートする大学や科学館などの機関、人材育成として取り組んでいる企業やNPOなど。

 参加費は、一般が3000円、WRO Japan会員が1000円、学生が1000円。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0