EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

エクシード、教育用ロボット「mBot」を使ったロボットプログラミングコースを開講

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/25 16:20

 エクシードは、プログラミング教室「Tech for elementary」の新規コースとして、中国・Makeblock(メイクブロック)の教育用ロボット「mBot」を使ったロボットプログラミングコースを、7月20日に開講した。

 「Tech for elementary」は、「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションのもと、「プログラミング教育における地域格差を解消する」をビジョンに、映像授業をベースにしたプログラミング教室をフランチャイズ展開している。

 これまで、「Tech for elementary」ではロボットを使ったプログラミングコースの開講を求める声が多かったが、エクシードでは「得意なソフトウェア内で完結するプログラミングコースに当面は特化する」という立場をとっていた。

 しかし、ロボットをきっかけに、より多くの子どもがプログラミングに触れられる、空間認識能力・忍耐強さ・科学への好奇心といった、プログラミングだけでは養いにくいものが得られるのではないか、という考えから、今回のロボットプログラミングコース開講に至っている。

 ロボットプログラミングコースの新規開講にあたり、価格が手頃である、拡張性が高い、Scratch(初心者向けの教育用プログラミング環境)をベースとしたソフトで制御可能、日本国内のみならず世界中で採用されている、といった理由から「mBot」を採用した。

 「Tech for elementary」では、ロボット、ドローン、スマートトイなど、ハード+プログラミングのコースを今後も充実させ、同教室のミッションとビジョンの達成を目指していく。


【関連リンク】
エクシード
「Tech for elementary」



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0