Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

「進研ゼミ 小学講座」の「チャレンジタッチ」、小学4年・5年生向けに学習応援ロボット「ミラクルロボ」導入

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/03/29 11:00

 ベネッセコーポレーションは、同社が展開する小学生向け通信教育「進研ゼミ 小学講座」の、「チャレンジタッチ」小学4年・5年生向けとして、学習応援ロボット「ミラクルロボ」の提供を4月に開始する。

ミラクルロボ

ミラクルロボ

 「ミラクルロボ」は、音声認識機能を搭載し、学習時期に合わせて国語・算数・理科・社会の各教科の内容に興味を持たせる対話によって、子どもの内発的な学習意欲を引き出す学習応援ロボット。

4教科学習のイメージ
「ミラクルロボ」との4教科学習イメージ

 4教科に加えて、ネイティブスピーカーの発音による質問に回答することで計120フレーズの英会話表現を学べる機能や、計400語を収録した音声検索対応の英単語辞典機能、LEDの点灯パターンや音楽の組み合わせによるプログラミング的思考の育成(小5講座では7月号、小4講座では9月号にて配信予定)といった学習機能を備えている。

英語学習のイメージ
「ミラクルロボ」との対話による英語表現の学習にも対応

 「ミラクルロボ」と対話することでもらえる「ごほうびジュエル」を集めると、「チャレンジタッチ」でゲームをプレイできるので、子どもの日々の学習への内発的な動機を引き出せる。また、「ミラクルロボ」は会話を重ねることで学習し、子どもにとっての「相棒」としての愛着が高まるような仕掛けが用意されている。

 そのほか、全国の会員の学習ログデータを分析することで、学習の継続が困難になるケースを特定し、「ミラクルロボ」が学習の継続にもっとも効果的なタイミングで、自動的に声かけを行う機能も搭載する。

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0