SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

すららネット、心理・教育アセスメント「K-ABCII」サービスの提供を開始

 すららネットは、心理・教育アセスメント「K-ABCII(Kaufman Assessment Battery for Children Second Edition)」サービスの提供を、3月1日に開始する。

 今回、提供を開始する心理・教育アセスメント「K-ABCII」サービスは、丸善出版とNCS Pearsonとの契約に基づいて、日本版K-ABCII制作委員会が制作、提供する「K-ABCII」の検査結果を用いて、分析および教育支援レポートを提出するサービス。

 「K-ABCII」は、児童の発達を調べる検査の1つで、検査結果から得意・不得意を発見し、どのような勉強方法が子どもに合っているかを、学習支援の方法や教材の面からアドバイスし、すららネットが提供するクラウド型学習システム「すらら」の利用者には、検査結果をもとに学習プログラムをアレンジするなど、検査結果を踏まえた家庭学習支援を提案する。

「K-ABCII」の検査イメージ
「K-ABCII」の検査イメージ

 心理・教育アセスメント「K-ABCII」サービスは、個人利用者および放課後等デイサービス向けに販売し、今後は「すらら」を導入している学習塾や学校への提供も視野に入れる。また、個人利用者向けとしては、東京、神奈川からスタートし、将来的には全国で利用できるよう、随時準備を進めていく。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/1915 2019/02/27 13:19

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング