Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ソフトバンク、子どもにスマホを持たせる親の不安解消を目的としたWeb動画「3年B組 スマ八先生」公開

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/22 17:15

 ソフトバンクは、ネオマーケティングと共同で行った、「子供にスマートフォンを持たせることに対する意識調査」「親子のスマートフォン利用実態調査」の結果をもとに作成した、子どもにスマホを持たせる親の不安解消を目的としたWeb動画「3年B組 スマ八先生」を、2月22日にスペシャルサイトにて公開した。

 「3年B組 スマ八先生」では、霜降り明星のせいやさん演じる熱血教師「スマ八先生」と粗品さん演じる不良男子生徒「加藤くん」が、それぞれの家族が抱える「子どもにスマホを持たせる不安」を、体当たりで解決している。

3年B組 スマ八先生
3年B組 スマ八先生
3年B組 スマ八先生

 「子供にスマートフォンを持たせることに対する意識調査」は、小学4年生~高校3年生の子どもにスマートフォンを持たせていない、30歳~49歳の既婚男女100名を対象に、1月29日~30日の期間に実施した。

 スマートフォンを子どもに持たせることに対して、不安を感じているかを尋ねたところ、87.0%の親が「不安がある」と回答している。

スマホを持たせることに対しての不安
スマホを持たせることに対しての不安

 「親子のスマートフォン利用実態調査」は、小学4年生~高校3年生の子どもにスマートフォンを持たせている、30歳~49歳の既婚男女900名を対象に、1月29日~30日の期間に実施した。

 子どもにスマートフォンを持たせてみてよかったかを尋ねたところ、78.9%の親が「よかった」と答えている。

スマホを持たせて「よかった」と思うか
スマホを持たせて「よかった」と思うか

 スマートフォンを持たせることで、どのような変化があったかを尋ねた質問では、「興味/関心の幅が広がった」がもっとも多く、以下「コミュニケーションが増えた」「約束が守れるようになった」が続く。

スマホを持たせることによる子どもの変化
スマホを持たせることによる子どもの変化

 スマートフォンを持たせた後の、コミュニケーション量について尋ねたところ、83.1%の親が「コミュニケーションは減らない、または変化はない」と回答した。

スマホを持たせて「コミュニケーションが減った」か

スマホを持たせて「コミュニケーションが減った」か

関連リンク

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0