Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

ビジュアルプログラミングアプリ「ソビーゴの日曜日」を使用した授業を町田市立小山中央小学校にて実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/14 17:30

 ワイズインテグレーションが提供している「ソビーゴ」オリジナルのビジュアルプログラミングアプリ「ソビーゴの日曜日」を使用した授業が、12月6日に町田市立小山中央小学校で実施された。

 「ソビーゴの日曜日」を用いた授業を実施したのは、第2学年の国語科「お話の作者になろう」という単元で、最初に教員が「はじめ」と「おわり」の場面を掲示して、子どもたちは「なか」の場面を考え、オリジナルストーリーを作る。「ソビーゴの日曜日」のステージクリエイト機能を使って、1人ひとりが個性あふれる場面やストーリーを作ることに挑んだ。

 子どもたちは、アイテムを置いたり消したりしながら、「海に潜るソビーゴくん」や「川で遊ぶ」などの場面を作っていく。ブロックを組み立てて、ソビーゴくんを実際に動かしながらストーリーを考えている子どもたちの姿も見られた。

 ステージ完成後には、どんな場面で、どのようなストーリーを考えたのかを子どもたち同士で共有する時間もあり、「海を泳いでお魚たちと遊ぶ」や「パーティをする」といったストーリーが作られている。

 「ソビーゴの日曜日」では、条件分岐や論理和論理積といったプログラミングの基礎知識を、海やキャンプ場などのステージ画面を使って学んでいくが、ステージクリエイト機能では背景やアイテムなどを画面上に配置して、自由にステージを作れる。作成したステージ上でプログラムを組み、キャラクターを動かすことも可能なので、さまざまな動きのあるストーリーを作成できる。

「ソビーゴの日曜日」を用いた授業の様子
「ソビーゴの日曜日」を用いた授業の様子
「ソビーゴの日曜日」を用いた授業の様子
「ソビーゴの日曜日」を用いた授業の様子

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0