Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

ジョイズ、教材をデジタル化しAI英会話学習を可能にするプラットフォーム「TerraTalk Connect」を提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/29 11:30

 英会話学習アプリケーションの 「TerraTalk(テラトーク)」を運営するジョイズは、この度、出版社・通信教育等の教材提供企業に対し、既存の教材のデジタル化およびAI英会話学習機能の搭載が行えるプラットフォーム「TerraTalk Connect(テラトークコネクト)」を提供開始した。

 「TerraTalk」は、AI(人工知能)との英会話を通じてスピーキングを学習できる英会話アプリ。

 そのノウハウを生かし、ジョイズは、既存の教材をデジタル化し、学校や塾のカリキュラムに沿った内容でAIを活用した英会話学習を可能にするプラットフォーム「TerraTalk Connect(テラトークコネクト)」の提供を開始。出版社・通信教育等の教材を提供する企業を対象に、すでに提供されている教材、もしくは今後提供予定の教材の内容に沿ったAI英会話学習教材の開発を行う。

 さらに、教育出版社の桐原書店と共同開発を行い、NHK語学番組の講師大西泰斗氏とポール・クリス・マクベイ氏が手がける英語学習参考書「総合英語FACTBOOKこれからの英文法」と連動したAI英会話教材を「TerraTalk」上にデジタル教材として提供予定。提供開始は2019年4月から。高校生を対象とした教材で、TerraTalk導入料金と参考書料金で利用できる。

 

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0