EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

アイロボットジャパン、社員が教える「STEMワークショッププログラム」を日本初開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/31 13:10

 アイロボットジャパンは、社員が子どもたちにロボットの利便性や動かすことの楽しさを伝える、「アイロボットSTEMワークショッププログラム」を9月30日に初めて開催するにあたり、8月30日、参加者の募集を開始した。

 米アイロボット社では、CEOのコリン・アングルの主導によって、2009年より社会貢献プログラムとしてSTEM教育を導入している。この度、アイロボットジャパンでも、現場で活躍する社員がボランティア講師となり、未来のエンジニアに必要な基礎力を養う体験型ワークショップを開催する。

 参加者は、ロボットの基礎やルンバについての授業を受け、さらに子ども向けのプログラミングソフトを使い、パソコンの画面上でルンバを動かしながらロボットが動く仕組みを学ぶ。また、ワークショップの後半には、プログラミング用のルンバ型ロボット「Create 2(クリエイト ツー)」を使って、プログラミングでルンバを実際に動かすことを体験できる。

 初回の特別講師として、アイロボット社CEOのコリン・アングルが来日。ワークショップに参加し、子どもたちがロボットや「ルンバ」について学ぶことを支援する。

 開催日時は9月30日の13時~15時。場所はアイロボットジャパン 東京オフィス(東京都千代田区神田錦町)で、対象となるのは小学1年生~3年生。参加費は無料で、定員は12名を予定している。参加申し込みは公式サイトから受け付けている。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0