Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

中国・清華大学の学生、専門学校HALへ短期留学してゲーム開発を体験

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/08/10 15:02

 専門学校HALは、7月28日~8月3日の期間に、中国・清華大学の学生を受け入れる短期留学プログラム「清華大学短期留学プログラム in HAL」を、HAL東京(東京都新宿区)で開催した。

清華大学短期留学プログラム in HAL
清華大学短期留学プログラム in HAL

 今回で2回目となる「清華大学短期留学プログラム in HAL」では、日中混合チームでのゲーム制作をゴールとしており、約2日間という短期間で文化や言葉の壁を乗り越えてゲームを制作するとともに、日中交流を促進する。

 プログラムでは、まずHALを知ってもらう第一歩として、学校説明・校舎見学を行ったあと、HALの学生と清華大生の混合チームに分かれアイスブレイクとしてゲームを行った。

 続いて、ゲームフリークの開発本部・研究開発部でゲームプログラマーとして活躍している、HALの卒業生・植松直也氏を迎えた特別講義「プログラマーから見たポケットモンスターサン・ムーンの開発」によって、日本のゲーム開発現場を紹介。

 その後のワークショップでは、実際にゲーム開発の現場で活躍してきたHAL指導陣のもと、ゲームプログラミングやゲームの開発サイクルなど、ゲーム制作に必要な、さまざまな要素について学んだ。

 さらに、それまでの学びの集大成として、チーム対抗形式のゲーム制作を実施。ゲーム完成後はチームごとにプレゼンテーションを行い、自分たちの作品を精一杯アピールした。

 最後に行われた表彰式では、HAL指導陣の講評とともに「優秀賞」「意欲賞」「技術賞」が発表され、修了式ではすべてのプログラムを終えた証として、清華大学の学生全員に修了証が授与されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0