Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

CA Tech Kids、「Nintendo Labo」を用いたハッカソン「Tech Kids School presents Nintendo Labo Hackathon」を7月25日・26日に任天堂と共同開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/10 17:40

 CA Tech Kidsと任天堂は、「Nintendo Labo」を用いたハッカソンイベント「Tech Kids School presents Nintendo Labo Hackathon」を、7月25日・26日にTech Kids School 東京渋谷校(東京都渋谷区)で共同開催する。参加費は無料。

Tech Kids School presents Nintendo Labo Hackathon

Tech Kids School presents Nintendo Labo Hackathon

 「Tech Kids School presents Nintendo Labo Hackathon」は、CA Tech Kidsと任天堂との協力による「Nintendo Labo」の教育的活用に向けた取り組みの第1弾で、「Nintendo Labo」を用いた作品を開発し、その独自性や完成度を競う。

 参加対象は小学4年生~6年生で、ダンボール、厚紙、セロファン、麻ひもなどの素材を自由に用いて、独自の「Toy-con」を制作するほか、「Toy-Conガレージ」上でプログラムを作成し、参加者1人ひとりが完全オリジナルのゲームや遊びを発明することを目指す。なお、「Nintendo Labo」を持っていない人でも参加できる。

 開催日時は、7月25日・26日どちらも10時~16時。定員は15名で、応募者多数の場合は抽選となる。

 このほか、CA Tech Kidsが今夏に開催する、小学生のためのプログラミング体験ワークショップ「Tech Kids CAMP Summer 2018」でも、「Nintendo Labo」を用いた講座をカリキュラムの1つとして用意しており、子どもたちが実際に「Nintendo Labo」に触れ、その仕組みを考察するとともに、「Nintendo Labo」を用いたゲームやあそびのアイデアを競い合う「アイデアソン」を行う。

 「Nintendo Labo」は、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」と組み合わせて遊ぶダンボール工作キットで、「Toy-Con」(トイコン)と呼ばれるダンボールを素材としたコントローラーをプレイヤー自身が組み立てて、「Nintendo Switch」と合体させることで、釣りや楽器演奏といったさまざまなあそびを楽しめる。

 簡易プログラミング環境「Toy-Conガレージ」も用意しているので、さまざまな入力と出力を組み合わせ、新しいあそびの発明を可能にしている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0