SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2022 in Mitaka」の各賞受賞者が決定

 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2022 in Mitaka」の最終審査発表会が、12月3日に行われた。

 同コンテストは、国産プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている11団体で組織する実行委員会により実施され、今回が12回目の開催となる。審査委員長はRubyの生みの親である、まつもとゆきひろ氏が務めている。

 今回の最終審査発表会は、一般観覧者こそオンライン視聴だったものの、3年ぶりのリアル会場での開催となり、応募総数116件の中から勝ち抜いたゲーム部門6作品、Webアプリ・IoT部門3作品の計9作品から、最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞の各賞が決定した。

 ゲーム部門では、滝沢市立滝沢第二中学校の科学技術部に所属するチーム「幽霊部員」による「腐霊(ゾンビ)病棟」が最優秀賞を獲得し、木島陽斗さんによる「!DANMAKU!」が優秀賞に選ばれている。

 Webアプリ・IoT部門では、最優秀賞が山田直生さんによる「StudentGuild」、Matz賞には愛媛県立松山工業高等学校の大森隼斗さんによる「スライムバスター」と、布川のぞみさんによる「Startionary」が選ばれた。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8539 2022/12/06 16:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング