SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

教育ネットとミラボ、「第1回全国統一タイピングスキル調査」の結果を一部公開

 教育ネットとミラボは、両社が共同開発したタイピングスキル向上をメインとしたデジタル教材「らっこたん」を使用した、「第1回全国統一タイピングスキル調査」の結果を、9月20日に一部公開した。同調査は、全国の小中学生を対象に、アルファベットの入力では6813名、日本語の入力では6013名に対して、6月~7月に行われている。

 調査結果によれば、1分間あたりの正しい入力文字数は学年が上がるにつれ増加する傾向にあり、文部科学省が2015年に実施した情報活用能力調査の結果(小学校で平均5.9字/分、中学校で平均17.4字/分)と比較して、大幅に増えていることが明らかになった。

 それぞれの学年における、日本語の入力文字数が50文字以上の割合をみると、6年生以上で過半数を超える結果となっている。

 一方で、1分間あたりの正しい入力文字数が少なく、入力速度が遅い児童・生徒が一定数いることから、苦手意識を持つことなく、スムーズにスキルを向上させることが課題といえる。

 「第1回全国統一タイピングスキル調査」は9月末まで延長を予定しており、「第2回全国統一タイピングスキル調査」の実施も決定した。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8167 2022/09/21 17:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング