SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

「Studyplus for School」、リクルート「学校向けスタディサプリ」とのデータ連携を2023年夏以降に開始

 スタディプラスは、同社の運営する教育機関向け学習管理プラットフォーム「Studyplus for School」が、リクルートの運営するオンライン学習サービス「学校向けスタディサプリ」と学習データ連携を行うことを、9月20日に発表した。

 両社は、生徒の個別最適な学びの実現、および学校における教員の効率的な学習管理サポートを目的に、2023年夏以降のデータ連携開始を予定している。

 今回のデータ連携では、「学校向けスタディサプリ」の動画視聴に関するデータ(学習日時・教科・視聴時間)と、Webテストに関するデータ(Webテストの実施有無)を、「Studyplus for School」に連携する。

 教育機関で「学校向けスタディサプリ」と「Studyplus for School」をあわせて活用することで、生徒は「学校向けスタディサプリ」やそのほかのさまざまな教材で学習した内容を、「Studyplus」を通じて一括して把握できるようになり、手軽に自身の学習進捗を網羅的に振り返れるようになる。

 教員は、これまで複数のツールや紙などで管理していた生徒一人ひとりやクラスごとの学習量を「Studyplus for School」で一括管理することが可能になり、生産性向上につながる。また、個別の学習状況に合わせたより最適な学習指導や進路指導に活かすことができる。

「学校向けスタディサプリ」と「Studyplus for School」とのデータ連携の概要
「学校向けスタディサプリ」と「Studyplus for School」とのデータ連携の概要
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8164 2022/09/21 14:25

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング