SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

小中学生の54%が「睡眠時間が足りていない」と回答、理由は「勉強」や「動画」【ニフティ調査】

 ニフティは、同社の運営する子ども向けサイト「ニフティキッズ」が、小中学生を中心とするサイト訪問者を対象に実施した、「睡眠」に関するアンケート調査の結果を9月7日に発表した。同調査は、7月25日~8月15日の期間に行われ、2387名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、平日の就寝時間を尋ねたところ、「夜10時頃」(30%)がもっとも多く、71%が「夜10時以降」に寝ているという結果となった。小学生よりも中学生の方が、寝る時間が遅くなる傾向がみられる。

小学生の平日の就寝時間
中学生の平日の就寝時間
平日の就寝時間

 休日の就寝時間を尋ねた質問では、「夜11時頃」が最多となっている。

小学生の休日の就寝時間
中学生の休日の就寝時間
休日の就寝時間

 平日の睡眠時間は、小学生では「7時間」「8時間」「9時間」が72%を占める一方、中学生では「6時間」「7時間」「8時間」が上位を占めた。

小学生の平日の睡眠時間
中学生の平日の睡眠時間
平日の睡眠時間

 睡眠時間が足りているかを尋ねたところ、「足りていない」という回答が54%に達し、中学生では6割超となっている。

睡眠時間は足りているか(小学生)
睡眠時間は足りているか(中学生)
睡眠時間は足りているか

 睡眠時間が足りていない理由としては(複数回答)、「家での勉強に時間がかかる」「YouTubeなどの動画を見ている」「塾で帰りが遅い」が上位を占めた。「その他」としては、「早めに布団に入ってもなかなか寝つけない」「寝ようと思ってもすぐには寝られない」といった回答が寄せられている。

睡眠時間が足りていない理由
睡眠時間が足りていない理由

 睡眠時間が「足りていない」理由として、「家での勉強に時間がかかる」を挙げた人に、どの勉強にもっとも時間がかかっているかを尋ねた質問では、小学生では「塾の宿題」、中学生では「学校の宿題」がもっとも多かった。

家での勉強は何がもっとも時間がかかるか(小学生)
家での勉強は何がもっとも時間がかかるか(中学生
家での勉強は何がもっとも時間がかかるか

 布団やベッドに入ってから、すぐ眠れるかを尋ねたところ、「いつもなかなか眠れない」と「たまになかなか眠れない」を合わせた割合が、8割超に達している。

布団やベッドに入ってから、すぐ眠れるか
布団やベッドに入ってから、すぐ眠れるか

 布団やベッドに入ってから眠るまでの間に、何をしているかを尋ねた質問では、「考えごと」(60%)が最多となり、「何もしない」(33%)、「読書」(22%)がそれに続いた。

布団やベッドに入ってから眠るまでの間に、何をしているか
布団やベッドに入ってから眠るまでの間に、何をしているか

 理想の睡眠時間を尋ねたところ、小学生では「9時間」と「10時間」が同率でもっとも多く、以下「8時間」が続いている。中学生では「8時間」「9時間」「10時間」が上位を占めており、多くの人が「8~10時間」の睡眠を理想としていることが明らかになった。

小学生の理想の睡眠時間
中学生の理想の睡眠時間
理想の睡眠時間
関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/8147 2022/09/18 07:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング