SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

青翔開智中学校・高等学校、生徒の非認知能力を評価するツール「Ai GROW」を鳥取県で初導入

 青翔開智中学校・高等学校は、Institution for a Global Society(IGS)が手がける評価ツール「Ai GROW(アイ・グロー)」を有償導入したことを6月23日に発表した。鳥取県では初の事例となる。

青翔開智中学校・高等学校が「Ai GROW」を導入
青翔開智中学校・高等学校が「Ai GROW」を導入

 「Ai GROW」は、従来のペーパーテストでは評価が難しい資質・能力(思考力、判断力、表現力など)や教育効果などを、AIを活用した公正な相互評価などを通して可視化する教育機関向け評価ツールで、国内外250校以上に導入されている。

 同校は、一般的に評価が難しい「非認知能力」にあたる「共成する力」「飛躍力」などを伸ばす中高一貫の「探究プログラム」を強みとしているが、「非認知能力」は、これまで生徒の自己評価のみであった。この度、より客観的に評価するため、生徒同士で評価し、バイアスをAIで補正する「Ai GROW」の導入に至った。

Ai GROW受検画面イメージ
Ai GROW受検画面イメージ

 「Ai GROW」のレポートは、生徒の個性・強みをより幅広く公正に可視化できるため、総合型選抜入試などの場面で、自身の強みを客観的に捉えてアピールすることが可能となる。6月24日には生徒約137名(高1:53名、高2:40名、高3:44名)が「Ai GROW」を受検した。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7750 2022/06/29 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング