Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

EdTechの国際展示会「Bett Show」――テクノロジーを活用した実践授業例や、STEM教育、PC調達の工夫などを多数展示

Bett Show 2018レポート(前編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/03/08 14:00

 EdTechのための国際的な展示会「Bett Show」には世界各国からEdTech関係者が集まる。1985年から開催されているが、近年の教育現場の情報化に合わせて回を重ねる毎に規模が大きくなり、国際的な注目を浴びている。1月下旬に開催されたBett Showの様子を2回に渡ってレポートする。

MicrosoftによるWindows 10の標準機能を活用した授業アイデア

 会場となったExcel Londonはさまざまな展示会が行われるホールで、日本からも教育関係者が訪れると事前に聞いていたが、会場の大きさのせいかそれほど日本人は目立たなかった(他のテクノロジー系の国際的に有名な展示会と比べても少ない方だと思う)。41000平方メートルものスペースに多数のブースがひしめき、トークやカンファレンスが終日行われた。

 EdTechと言っても、広大な会場の何割かは学校経営の情報化のためのソフトウェアやクラウドサービスを提供する企業の出展に占められていた。

 Edtechの展示会に来たのに、学校経営を情報化するツールばかりで、テクノロジーを活用した授業実践のデモンストレーションが少なかったのは残念だったが、その中で非常に実用的な授業案のデモンストレーションが行われていたのがMicrosoftのブースで注目を集めていた。

 Microsoftのブースでは、Windows 10に標準で付いている「ペイント 3D」を使って作った3Dオブジェクトを3Dプリントしたり、簡単にMR(Mixed Reality)に活用したりするレクチャーが行われていた。手前の方にはPCが置かれ、実際のクラスのような雰囲気で参加者はガイダンスに従ってペイント 3Dを試しながらレクチャーを受けていた。

 これまでのWindows付属のペイントツールは、最小限のお絵かき機能がついただけのもので、PCに慣れ親しむために使う程度の、実用的とは言い難いものだったが、Windows 10付属のペイント 3Dは別物で、触りながら簡単に3Dのデザインを行うことができる。これならWindows 10がインストールされたPCがあれば、すぐ実際に授業で試すことができるだろう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 類家 利直(ルイケ トシナオ)

    スペイン・バルセロナを拠点として活動するジャーナリスト。音楽系テクノロジーや教育プログラム、Makerムーブメントなどについて執筆している。元々音楽教育が専門で、大学院ではコンピューターを活用した音楽教育を研究テーマに修士号を取得、青森県内の県立高校で音楽科教諭として勤務した過去を持つ。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0