SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

N・S高、N中等部で活用されているアドビのPBL教材が一般公開

 角川ドワンゴ学園は、N高等学校(以下、N高)・S高等学校(以下、S高)・N中等部の課題解決型プロジェクト学習(PBL)向けに開発し、授業で活用しているAdobe Creative Cloud関連の教材について、アドビとのパートナーシップのもと、3月28日に新たに2つの教材を広く一般公開した。これらの教材は主に学校での活用を意図したもので、誰でも使うことができる。

 この度公開された教材は、N・S高、N中等部で実施されたプロジェクト型学習を一般公開用にアレンジしたもの。アドビのアプリケーションを利用して行うPBLの授業向け教材で、2月に公開した教材に次ぐ第2弾となる。

 角川ドワンゴ学園では「プロジェクトN」という課題解決型プロジェクト学習や、生徒が自ら手を動かしてつくることを通じて学ぶ「クリエイティブ・ラーニング」に力を入れている。

 同校で生徒が成果物を制作する際には、アドビのアプリケーションをはじめとしたさまざまなデジタルツールが活用されている。生徒はプロジェクトを通じて課題解決力を身につけるとともに、ツールを使いながら学ぶことで創造性とデジタルクリエイティブスキルを向上させることができる。

 今回公開された教材の詳細は以下の通り。

推しメシプロジェクト -Photoshopで「食べたくなる」をデザインする-

 Adobe Photoshopを使用して、ターゲットが「食べてみたい!」と思うような広告デザインの制作を目指す。キャッチコピーや写真のコツなどを踏まえながら、効果的なプレゼンテーションやフィードバックの方法についても学ぶことができる。教材には、学習目標やワークシートなどが含まれる。

「推しメシプロジェクト -Photoshopで「食べたくなる」をデザインする-」
「推しメシプロジェクト -Photoshopで「食べたくなる」をデザインする-」

プロモ動画制作プロジェクト -Premiere Rushで15秒動画を制作する-

 動画の基本や構成方法を学びながら、Adobe Premiere Rushを使用して自分が通う学校のお気に入りポイントや自分の成長ストーリーを15秒にまとめた動画を制作する。教材には、学習目標や動画制作の流れについての説明、「Adobe Premiere Rush」の操作方法、ワークシートなどが含まれる。

「プロモ動画制作プロジェクト -Premiere Rushで15秒動画を制作する-」
「プロモ動画制作プロジェクト -Premiere Rushで15秒動画を制作する-」

 教材はいずれも「Adobe Education Exchange」で公開されている。ダウンロードにはAdobe IDが必要だが、Adobe IDはアドビ製品を使用していない人も、13歳以上であれば無料で取得できる。また、教材を使用する人が同学園に連絡する必要はない(教材の改変・再配布は不可)。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7319 2022/03/31 06:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング