SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

渋谷区が「部活動改革プロジェクト」を推進する最高執行責任者をビズリーチで公募

 ビズリーチは、同社が運営する転職サイト「ビズリーチ」において、渋谷区の中学生を対象にした「部活動改革」プロジェクト推進のため、一般社団法人渋谷ユナイテッドの最高執行責任者を2月22日より公募している。

渋谷区の「部活動改革プロジェクト」を推進する最高執行責任者をビズリーチで公募
渋谷区の「部活動改革プロジェクト」を推進する最高執行責任者をビズリーチで公募

 全国の中学校の部活動は、長時間勤務など教師の負荷の要因になっていることから、教育現場だけで担うことが難しくなっている。持続可能な部活動運営と、教師の負担軽減の両方を実現できる改革が必要であることを受けて、文部科学省は、令和5年度以降に、休日の中学校の部活動運営を、段階的に地域に移行させる方針を示した。

 渋谷区は、全国に先駆けて「シブヤ『部活動改革』プロジェクト」を立ち上げている。区内の中学校の実態調査や、学区域を超えた合同部活動を導入する中で、子どもたちの思いや要望を反映させるためには、地域単位でスポーツ・文化活動を楽しめる組織が必要と考え、2021年10月に渋谷ユナイテッドを設立した。

「シブヤ『部活動改革』プロジェクト」 「シブヤ『部活動改革』プロジェクト」
「シブヤ『部活動改革』プロジェクト」

 渋谷ユナイテッドでは、まず子どもたちのニーズに即した既存の部活動を継続し、それらを地域に移行するシステムをつくりながら、新たな部活動の開発にも取り組む予定。具体的には、区にゆかりがある企業・団体と連携して、9種目の部活動で生徒への専門的な指導体制を整え、「部活動マネージャー」と呼ばれる運営人材を配置するなどして、教師の負担を軽減する取り組みを進めていく。

 そして、これらの部活動支援事業を持続的に運営するために、渋谷区のまちに点在する人的ネットワークや、スポーツ施設等のリソースを生かしながら、全世代・多種目の総合型地域クラブ運営を見据えた活動に取り組んでいく。

 このような渋谷区が目指す「地域クラブ経営モデル」を実現するためには、行政のノウハウだけではなく、スポンサーセールスを含めた自主財源の確保など、クラブ経営の基盤づくりが必要となる。しかし、現状は教育や行政関連の職員が中心となっており、経営面に長けた専門人材がいないという現状がある。

 そこでこの度、渋谷ユナイテッドはビズリーチで渋谷区の「部活動改革」プロジェクトを推進する最高執行責任者(事務局長)を公募する。経営等の知見を生かし、自主財源で運営していくためのビジネスモデルの企画立案から実行までを担ってもらうことで、渋谷区に関わる全世代の人々が、生涯にわたってスポーツや文化活動に親しめる「総合型地域クラブ」の実現を目指す。

 募集期間は2月22日~3月21日。「ビズリーチ」の公募ページで募集を行っている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7135 2022/02/24 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング