SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

大学入学共通テストへの「情報」の教科採用、中高一貫校に通う中学生の認知度は35.1%【コエテコ総研・メイツ調べ】

 GMOメディアは、同社が運営するプログラミング教育を推進する調査機関「コエテコ総研 byGMO」とメイツが、メイツが運営する中高一貫校生・高校生向け学習塾「個別指導塾WAYS」に通う中高一貫校の中学生を対象に実施した、「大学受験とプログラミングに関する調査」の結果を2月16日に発表した。同調査は、1月11日~22日の期間に行われ、1026名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、現在希望している最終学歴を尋ねたところ、「まだ決めていない」が53.3%を占めた。進路を決めている人では、「4年制大学」(36.4%)がもっとも多く、「大学院」(8.9%)と合わせてほとんどが大学への進学を希望していることが明らかになっている。

 大学への進学を希望している人に、大学受験対策を開始する時期を尋ねた質問では、「高校1年生」(52.8%)が最多となり、「高校2年生」(33.9%)がそれに続いた。

 2021年からセンター試験に代わり、大学入学共通テストが導入されたことについての認知度を尋ねたところ、「知っていた」という回答が81.1%を占めている。

 大学入学共通テストへの「情報」の教科採用への認知度を尋ねた質問では、「知らなかった」が64.9%に達する一方で、「知っていた」も35.1%に達し、一定数は認知していることがわかった。

 学校以外で、プログラミングを自身で学んだり、習ったりした経験があるかを尋ねたところ、「経験がある」が32.6%を占めている。

 今後、プログラミングを習ってみたいかを尋ねた質問では、「習ってみたい」が61.3%に達した。

 プログラミングは、将来必須のスキルになると思うかを尋ねたところ、「そう思う」(60.6%)、「とてもそう思う」(29.8%)を合わせた割合が90.4%を占めている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/7091 2022/02/16 13:10

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング