Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

「第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo」を2月24日に東京・上野で開催

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/24 15:21

 ict4e、アフレル、jig.jp、ナチュラルスタイルによって構成されるこどもプログラミング・サミット実行委員会は、「社会で生み出す日本の未来」をテーマにした「第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo」を、2月24日に国立科学博物館(東京都台東区)で開催する。

第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo
第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo

 「こどもプログラミング・サミット」は、公教育および民間教育で教える立場の人、教育に興味のある人、子どもの将来を考える人などが産学官の各界から集まり、プログラミング教育のアイデアを共有し、意見を交換する場として、平成28年に福井県で初開催された。

 「第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo」では、ゲストスピーカーによるパネルディスカッションと、参加者同士で課題に対するアクションを考えるグループディスカッションで構成されたシンポジウム、プログラミングを体感するワークショップを予定している。

 シンポジウムでは、ゲストスピーカーとしてアイ・オー・データ機器の代表取締役会長である細野昭雄氏、小金井市立前原小学校の校長・松田孝氏、武蔵野学院大学・国際コミュニケーション学部・准教授の上松恵理子氏、リクルート次世代教育研究院・院長の小宮山利恵子氏、CoderDojo Kashiwaの宮島瑛衣氏を招く。

 ワークショップでは、教育現場で活用されているプログラミング教材の「Ichigojam」「教育版レゴ マインドストーム EV3」「littleBits」「カムロボ×IchigonQuest」を体験できる。

 開催日時は2月24日13時~18時。参加対象は教職員、行政機関、塾経営者、講師、IT人材育成に携わる企業に勤務している人で、定員は150名(先着順)。参加費は、シンポジウムのみが1000円、シンポジウム+ワークショップが2500円、シンポジウム+懇親会が5000円、シンポジウム+ワークショップ+懇親会が6500円。


【関連リンク】
「第3回こどもプログラミング・サミット2018 in Tokyo」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0