SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

eラーニング戦略研究所、英語4技能教育に関する調査結果を発表

 デジタル・ナレッジが運営するeラーニング戦略研究所は、小・中・高校・塾・予備校で英語教育に携わる教員・講師100名を対象に実施した、英語4技能教育の現状と課題、英語教育におけるAI活用についてのアンケート結果をまとめた報告書を、1月19日に発表した。

 英語4技能すべてに対応した授業を実施しているかを尋ねた質問では、そういった授業を実施している学校は全体の45%で、中学校では英語4技能すべてへの取り組みが進んでいる一方で、公立高校、受験対策塾、予備校の3分の1が、「実施予定はない」「わからない」と答えており、高校や進学塾での4技能対策は進んでいない。

英語4技能への対応状況
英語4技能への対応状況

 英語4技能のうち、もっとも力を入れたい分野としては、「スピーキング」がもっとも多かったものの、実際に行っている授業は「リーディング」が80%、「ライティング」が79%、「リスニング」が74%で、「スピーキング」は59%ともっとも少ない。とりわけ、高校や進学塾での「スピーキング」対策が弱い結果となった。

 英語4技能対策における課題としては、「教員のスキル不足」が74%でもっとも多く、その他「適切な教材・コンテンツ不足」「生徒の学習時間が少ない」「教員の準備時間が足りない」「教員不足」「受験英語と実用英語のギャップ」「生徒の意欲が低い」といった問題が明らかになっている。


【関連リンク】
デジタル・ナレッジ
調査報告書ダウンロード(無料)

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/693 2018/01/22 15:35

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング