SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

富士通Japanと教材会社3社、デジタル教材の利活用に向けた共通プラットフォームの開発を開始

 富士通Japan、教育同人社、浜島書店、明治図書出版は、ICTを活用した新たな学びを支援し、良質なデジタル教材を提供すべく、覚書を締結し、共通プラットフォームの開発を開始したことを、12月22日に発表した。

 今回の合意では、富士通Japanが開発する共通プラットフォームを利用して、全国の小学校・高等学校向けに、教育同人社、浜島書店、明治図書出版の3社が開発する、教科書準拠のドリルやプリントを中心とした豊富なデジタル版の図書教材を、提携する販売代理店経由で2022年4月から提供することを目指している。

 複数社のデジタル教材を、販売代理店経由で学校に直接提供する取り組みは国内初であり、全国の学校教員や児童・生徒がタブレット端末などの学習用端末を使って、慣れ親しんだ紙教材と同じような感覚で授業や自宅学習にデジタル教材を利用できるようになる。

 富士通Japanが開発する共通プラットフォームには、デジタル採点機能や教材管理機能が搭載されるため、教材会社が個々に機能を開発することなく、教材のデジタル化に専念することが可能になる。また、教員は各社のデジタル教材を同じ操作方法で利用でき、同プラットフォームで提供するデジタル教材は、既存の紙教材と同じ販売代理店から注文可能なので、教員は販売代理店からの提案をもとに紙とデジタル双方のメリットを踏まえて図書教材を選べる。

デジタル教材の提供イメージ
デジタル教材の提供イメージ

 共通プラットフォームは、富士通Japanのドリルシステム「FUJITSU 文教ソリューション K-12 個別学習支援 V1 ペンまーる」のノウハウを活用して開発し、児童・生徒は独自の手書き文字採点機能によって、タブレット端末に手書きした回答の答え合わせや間違えた問題の正しい答えを確認しながら、主体的に学びを進められる。また、教員は専用画面から学習状況や回答内容を参照し、児童・生徒1人ひとりの学習進捗状況や理解度、学びの定着度をリアルタイムに把握し、指導に活かすことができる。

 なお、富士通Japanは2022年4月の教材提供までの期間、トライアルサイトを開設し、デジタル教材の一部機能やコンテンツの無償公開を予定している。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6837 2021/12/24 12:40

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング