SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

ニュース

小学生の保護者、8割超が大学入学共通テストに「情報」が追加されることを知らない【ToLico調査】

 ToLicoは、小学生の子どもを持つ保護者1004名を対象に実施した、「子どものプログラミング学習」に関する調査の結果を12月21日に発表した。同調査は11月26日~27日の期間に行われている。

 調査対象者に、自身がプログラミング教育を受けることができなかったことに対して、悔しい(受けたかった)と思ったことがあるかを尋ねたところ、「ある」という回答が32.4%を占めた。

 プログラミングは、将来役に立つと思うかを尋ねた質問では、「思う」が83.9%となっている。

 子どものうちからプログラミングに触れることは必要だと思うかを尋ねたところ、「とてもそう思う」(40.5%)、「少しそう思う」(53.2%)を合わせた割合が9割超に達した。

 子どものうちからプログラミングに触れることが必要だと思う理由としては、「できることが増えるのは将来の可能性が広がりそうだから」「子どもの頃の方が柔軟に知識を吸収できそう」「将来、プログラミング能力なしでは生きていけなさそう」「将来SEの職に就かないとしても、思考の方法としては役立つと思うから」といった意見が寄せられている。

 小学校でのプログラミング学習の内容について、どれくらい知っているかを尋ねた質問では、「あまり知らない」(42.4%)、「まったく知らない」(22.6%)を合わせた割合が6割超となった。

 子どもが小学校でプログラミング学習をすることに対して不安はあるかを尋ねたところ、「とても不安」(4.3%)、「少し不安」(27.8%)を合わせた割合が3割に達している。

 子どもが小学校でプログラミング学習をすることに対する、具体的な不安としては(複数回答)、「学校の授業だけでよいのか」(53.4%)がもっとも多く、「自分の子どもがついていけるのか」(45.7%)、「学校の先生のプログラミングの教育レベルは十分なのか」(39.1%)がそれに続いた。

 2025年から、大学入学共通テストに「情報教科」が追加されることを知っているかを尋ねた質問では、「知らない」が83.1%を占めている。

 「情報教科」の追加に対する具体的な不安としては、「プログラミング学習についていける教諭の育成がそんなに短期間にできるのか。教えることができるのか。保護者としては不安不満に感じます」「勉強しなければいけないことが多くなり、部活など他のこととの両立ができるか、勉強内容についていけるか」「どのように親がサポートしてあげられるか不安」といった意見が寄せられた。

 小学校の授業以外でのプログラミング学習の場があれば、利用したいと思うかを尋ねたところ、「とてもそう思う」(17.3%)、「少しそう思う」(53.5%)を合わせた割合が7割超を占めている。

関連リンク

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6822 2021/12/22 17:32

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング