SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

社会人エンジニアの約9割、新卒での就活時にエンジニアに詳しい人に相談できていなかったことが明らかに【レバテック調査】

 レバテックは、同社が運営するITエンジニア専門新卒向け就職支援エージェント「レバテックルーキー」が、エンジニアとして新卒で入社をした20~50歳の社会人エンジニア300名を対象に実施した、企業の選び方に関する調査結果を12月15日に発表した。同調査は、10月26日~29日の期間に行われている。

本記事は、CodeZineニュースからの転載です(元記事)。

 調査結果によれば、社会人エンジニアが新卒時に就職活動をしていた企業選びの判断軸としては(複数回答)、「勤務地」(41.7%)、「業務内容」(32.3%)、「給与」(25.7%)、「事業内容」(25.0%)が上位を占めた。一方で、「ミッション・ビジョンへの共感」(3.3%)、「働く環境(リモート勤務など)」(3.3%)、「評価制度」(2.0%)を挙げる回答は少数派となっている。

 今後、仕事選びで妥協できる条件を尋ねたところ、「ネームバリュー」(46.7%)がもっとも多く、「会社の規模」(34.0%)、「研修や教育制度」(25.7%)がそれに続いた。

 新卒としてもう一度就職活動をするなら、企業選びにおいてどのようなことを重要視するかを尋ねた質問(複数回答)では、「給与」(61.0%)が最多で、以下「業務内容」(26.7%)、「働く環境(リモート勤務など)」(22.0%)が続いている。就職活動時の企業選びの軸としては、「働く環境(リモート勤務など)」を挙げる回答が少なかったものの、近年の働き方改革の推進や新型コロナ禍を受けてか、改めて企業を選ぶ際には「働く環境(リモート勤務など)」を挙げる回答が多くなったと考えられる。

 新卒での就職活動時に、エンジニアに詳しい人に相談できていたかを尋ねたところ、相談できていたという回答は11.3%に留まっている。

 新卒時にエンジニア就職の相談相手として最適な人を尋ねたところ、「エンジニアの社会人」(73.3%)が最多で、以下「卒業した学校の先輩やOBOG」(43.0%)、「就活エージェント」(17.7%)が続いている。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6819 2021/12/22 08:00

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング