SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

8割超の保護者、園でのクリスマスイベントの写真撮影・公開・販売を希望【千調査】

 千は、未就学児、園・学校に通う子どもを持つ保護者376名を対象に実施した、「クリスマスに関する保護者の実態調査」の結果を12月14日に発表した。同調査は11月5日~30日の期間に行われている。

 調査対象者に、保育園・幼稚園での今年のクリスマスイベントの開催について尋ねたところ、「お楽しみ会がある」(50.88%)、「発表会がある」(25.59%)を合わせた割合が76.47%に達し、7割超の保育園や幼稚園でクリスマスイベントの開催を予定していることがわかった。

 保育園や幼稚園でのクリスマス会行事(保護者の参加なし)がどのような機会となることを期待するかを尋ねた質問(複数回答)では、「子どもが楽しい時間を過ごせること」(96.02%)がもっとも多く、以下「子どもがクリスマスの本来の意味や慣習を理解すること」(36.36%)、「発表会などを行い子どもの成長の場となること」(25%)が続いている。一方で、発表会(保護者の観覧あり)があると回答した保護者では、「子どもの成長する姿・成長した姿がみれること」(83.33%)が最多で、「子どもが楽しい時間を過ごせること」(81.11%)、「発表会などを行い子どもの成長の場となること」(28.89%)となった。

 園・学校でクリスマス会を開催する場合、園・学校に希望することを尋ねたところ、「写真撮影をして公開・販売してほしい」(84.84%)、「動画撮影をして公開・販売してほしい」(60.64%)、「お便りや広報誌などで当日の様子を公開してほしい」(44.41%)と、8割超の保護者が写真撮影・公開・販売を、6割超が動画撮影・公開・販売を希望していることが明らかになっている。

 クリスマス会(保護者の参加なし)があると答えた保護者は、「写真撮影をして公開・販売してほしい」(85.8%)、「動画撮影をして公開・販売してほしい」(57.39%)、発表会(保護者の観覧あり)があると回答した保護者は、「写真撮影をして公開・販売してほしい」(84.44%)、「動画撮影をして公開・販売してほしい」(66.67%)という回答となり、保護者の観覧の有無に関わらず、どちらの場合も写真や動画の撮影を希望する保護者が多い傾向がみられる。

 クリスマスの準備にネットやデジタルを使って行うことを尋ねた質問(複数回答)では、「プレゼントを購入する」(74.2%)がもっとも多く、「情報収集する」(63.03%)、「クリスマスケーキを購入する」(35.9%)、「飾りを購入する」(26.6%)、「クリスマスの食事を購入する」(21.28%)がそれに続いた。

 情報収集や購入にネットやデジタルを利用する理由としては(複数回答)、「24時間いつでも情報を得られる・購入できる」(82.32%)が最多で、以下「情報の量・種類が豊富」(62.9%)、「自宅まで届けてくれるのが楽」(61.45%)、「安く買える」(54.2%)、「手軽だから」(52.17%)が続いている。

 今年のクリスマスの準備について、子どもにプレゼントを購入するかを尋ねたところ、「はい」が90.74%、「いいえ」が2.66%、その他が1.6%だった。

 子どもへのクリスマスプレゼントとして検討しているものを尋ねた質問(複数回答)では、「知育玩具」(40.71%)、「絵本・本・図鑑」(30.33%)、「キャラクタートイ」(23.77%)、「乗り物玩具」(19.95%)、「ごっこ遊びセット」(19.67%)、「ぬいぐるみ・人形」(17.76%)が上位を占めている。

 0~15歳の子どもを持つ保護者に対して、子どもが現在サンタクロースの存在を信じているかを尋ねたところ、「はい」が68.62%、「わからない」が29.79%、「いいえ」が1.6%だった。年齢別では、0~2歳は「わからない」(78.95%)、「はい」(20.18%)、「いいえ」(0.88%)、3~5歳は「はい」(87.76%)、「わからない」(10.2%)、「いいえ」(2.04%)、6~8歳は「はい」(96.72%)、「わからない」(3.28%)、「いいえ」(0%)となっている。

 過去に子どもから「サンタは本当にいるの?」などサンタクロースについて質問を受けたことがあるかを尋ねた質問では、「ない」が49.2%、「ある」が42.29%、「わからない」が8.51%となった。年齢別では、0~2歳は「ない」(71.93%)、「ある」(7.02%)、「わからない」(21.05%)、3~5歳は「ある」(52.04%)、「ない」(44.9%)、「わからない」(3.06%)、6~8歳は「ある」(72.13%)、「ない」(24.59%)、「わからない」(3.28%)となっている。

 「サンタは本当にいるの?」などサンタクロースの存在について問われた場合どのように答えるか(答えていたか)を尋ねたところ、「サンタはいると伝えている」(85.64%)、「いるともいないとも伝えていない・曖昧にしている」(11.44%)、「サンタはいないと伝えている」(0.27%)、「その他」(2.66%)という結果となった。

 サンタクロースについてどのように伝えているか、内容と理由を尋ねた質問では、肯定している保護者のうち約65%が「絵本に出てくるようなサンタのイメージとしていることを伝えている」と答えている。「クリスマスにワクワクしてほしい。夢があった方が楽しい」との理由から、絵本の中の世界観を伝えている保護者が多い傾向がみられた。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6787 2021/12/15 12:50

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング