Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

対象者別に探す

AIによって「未来の働き方」はどう変わる? 何をすればいい? 働くママが意見交換

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/29 14:00

 急速に進化しつつある人工知能(AI:Artificial Intelligence)。社会に大きなインパクトを与えるといわれ、期待とともに不安に感じる人も多いだろう。特に働くママにとっては、自身の仕事に関する不安や期待とともに、子どもたちへの影響も気になるところだ。そうした課題感から、メンバーの9割がワーキングマザーというワーキンググループ「ナラティブベース」は、「働くママ × テクノロジー 人工知能と共存する未来の『はたらく』を考えよう」と題してイベントを開催。本記事ではAI研究のスペシャリストである丸山不二夫氏による講演、そしてワークショップの模様をレポートする。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0