EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

企業・学校対抗プログラミング大会「PG BATTLE 2021」、エムシーデジタル・東大・灘高が各部門で優勝

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/19 14:42

 システムインテグレータは、企業・学校対抗プログラミング大会「PG BATTLE 2021」を10月23日に開催した。同大会の企業の部ではエムシーデジタル、大学&大学院・高専・専門学校の部では東京大学、高校・中学・小学校・その他スクールの部では灘高等学校が、それぞれ優勝している。

 「PG BATTLE」は、全国一斉にオンラインでプログラミングテストを行って、その点数を競うガチンコ勝負のコンテスト。

 「PG BATTLE 2021」には、企業の部に197チーム、大学&大学院・高専・専門学校の部に154チーム、高校・中学・小学校・その他スクールの部に72チームの、計423チーム(1269名)がエントリーした。

 同大会は、作品を提出して審査するのではなく、90分間で4つの問題のプログラムを書いて提出するオンライン競技方式を採用し、個人が戦う競技プログラミングとは異なり、3名1チームで合計点を競い合うチーム戦となっている。

 企業の部では、エムシーデジタルのチーム「wafunanode」が、初出場ながら初優勝を果たした。

企業の部の結果
企業の部の結果

 大学&大学院・高専・専門学校の部では、東京大学のチーム「UT a.k.a Is」が優勝している。同チームは、「PG BATTLE 2019」の優勝チームであり、前年は2位だったが今回1位に返り咲いた。

大学&大学院・高専・専門学校の部の結果
大学&大学院・高専・専門学校の部の結果

 高校・中学・小学校・その他スクールの部では、灘高等学校のチーム「KMB76」が、前年に続いて2連覇を達成している。

高校・中学・小学校・その他スクールの部の結果
高校・中学・小学校・その他スクールの部の結果

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0