SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

23年卒学生の約7割が9月時点でインターンシップに参加、インターンシップもWeb化進む【就職みらい研究所調査】

 リクルートは、同社の研究機関である「就職みらい研究所」が、「リクナビ2023」会員である2023年3月卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施した、「2023年卒 インターンシップ・就職活動準備に関する調査」の結果を10月27日に発表した。同調査は、9月21日~27日の期間に行われ、大学生2150名、大学院生503名から回答を得ている。

活動実施の割合と参加割合

活動実施の割合と参加割合

 調査結果によれば、9月時点でインターンシップに参加した学生は68.4%で、前年と比較して21.6ポイント増加した。インターンシップの参加社数は平均5.30社と、前年の4.03社と比較して約1社増加している。

 インターンシップ参加者に、Web開催、対面開催のインターンシップ参加件数を尋ねたところ、Web開催が平均4.58件(前年は3.19件)、対面開催が平均0.72件(前年は1.33件)で、前年同様Web開催のインターンシップが対面開催のインターンシップの参加件数を上回った。

 インターンシップに参加した学生の満足度は、対面が90.0%、Webが88.1%と対面の方が高いものの、ほぼ同水準となっており、参加形態では「社員の補助的な業務の一部を経験する」「社員の基幹的な業務の一部を経験する」など前年では多くの学生が対面で参加していたプログラムが、今年はWebでの参加が増えている。

 Webで参加したプログラム別に満足度をみると、「職場や工場の見学」「社員の補助的な業務の一部を経験する」といったWeb実施が難しく思えるようなものでも前年と比べて高くなっており、インターンシップにおいてもWebの活用や工夫がより進んでいることがうかがえる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6535 2021/10/29 10:55

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング