EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

プログラミング総合研究所、より幅広い層を対象とした「プログラミング能力検定テキスト言語版」を2022年より開始

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/09 07:00

 プログラミング総合研究所は、2022年度より高等学校にて「情報Ⅰ」が必修化されることを受けて、中高生のプログラミング学習における、より高レベルなニーズに応えるべく、2022年より「プログラミング能力検定テキスト言語版」を実施する。

 「プログラミング能力検定」は、小学生から高校生、高専生までプログラミングを学ぶ子どもたちの学習の指標となるべく開発された検定。

「プログラミング能力検定」
「プログラミング能力検定」

 「プログラミング能力検定テキスト言語版」は、レベル1~6の全6段階で能力を測ることができ、2022年2月検定より一部のレベルを、同年6月検定以降は6レベルすべてを受検できる。採用言語は、JavaScriptから開始し、順次Pythonなど他言語にも対応する。

 ビジュアル言語版の主な対象者が小学生を中心とした低年齢層であったのに対して、テキスト言語版では、中高生も含めた幅広い層の受検を想定している。

プログラミング能力検定「テキスト言語版」と「ビジュアル言語版」の違い

プログラミング能力検定「テキスト言語版」と「ビジュアル言語版」の違い

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0