SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

最新のセミナーはこちら!

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナー

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

ニュース

2022年3月卒学生、8割超が社員や内定者とリアルで話す機会があると内定承諾にプラスになる【学情調査】

 学情は、2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生のうち、内定(内々定)獲得後も就職活動を継続した学生を対象に実施した、「内定承諾のタイミング」に関する調査結果を9月30日に発表した。同調査は、学情が運営するダイレクトリクルーティングサイト「あさがくナビ2022」会員に対して、9月14日~22日の期間に行われ、203名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、調査時点での内定保有数を尋ねたところ、「1社」(82.8%)がもっとも多かった。一方、「2社以上」は17.2%に達している。

 「内定承諾」をする企業を1社に絞ったタイミングを尋ねた質問(複数回答)では、「選考中の企業の選考参加が終了したとき」(31.5%)が最多で、「第一志望の企業から内定を得たとき」(30.4%)、「家族や友人に相談し決心がついたとき」(29.8%)がそれに続いた。また、「内定式の案内を受けたとき」(6.0%)という回答もみられる。

 学生からは、「第一志望の選考結果が出るまでは、第二志望の内定も持っていたものの、第一志望から内定を得た時点で、内定承諾希望を1社に絞った」「懇親会に参加し、内定者や社員と交流するなかで1社に絞った」といった回答が寄せられている。

 内定企業の社員や内定者とリアルで話す機会があると、「内定承諾」を決断する際にプラスになるかを尋ねたところ、8割超が「プラスになる」と答えた。

 学生からは、「同期となる内定者同士で話すことで、『やっていけそう』と感じることができた」「コロナ禍で、選考の大半がオンラインだったからこそ、直接企業に訪問しリアルで話せる機会があると嬉しい」といった回答が寄せられたほか、「リアルで内定者と交流した際に、内定者と雰囲気が合わないと感じ辞退した企業がある。採用担当の方には申し訳ないことをしてしまったが、入社する前に気付くことができてよかった」という回答もみられる。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EdTechZine(エドテックジン)
https://edtechzine.jp/article/detail/6386 2021/10/04 13:30

おすすめ

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング

イベント

EdTechZineオンラインセミナーは、ICTで変わりつつある教育のさまざまな課題や動向にフォーカスし、最新情報をお届けしているWebメディア「EdTechZine(エドテックジン)」が主催する読者向けイベントです。現場の最前線で活躍されているゲストの方をお招きし、日々の教育実践のヒントとなるような内容を、講演とディスカッションを通してお伝えしていきます。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

記事アクセスランキング

記事アクセスランキング