EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

小学生の子どもがいる世帯を対象にした夏休みに関する調査結果が発表【イオレ調べ】

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/20 14:50

 イオレは、同社が運営するグループコミュニケーションサービス「らくらく連絡網」を利用している、小学生の子どもを持つ世帯を対象に実施した、「夏休みの過ごし方」に関するアンケート調査の結果を8月19日に発表した。同調査は、7月19日~27日の期間に行われ、1337名から有効回答を得ている。

 調査対象者に、2019年、2020年と比較して、2021年の夏休み期間が変わったかを尋ねたところ、2020年との比較では「長くなった」(53.4%)、2019年との比較では「変わらない」(68.0%)がもっとも多かった。

 夏休み中に旅行に行くかを尋ねた質問では、「行かない」が43.5%、「行く」が29.5%となっている。

 予定している、または行ったレジャーを、2019年のアンケート結果と比較すると、「花火大会」が36.0ポイント減、「お祭り」が50.9ポイント減と大幅に減少した。また、「どこにも行かない」が15.5ポイント増加している。

 ワクチン接種については、「受けた」が20.9%、「これから受ける予定」が35.3%だった一方で、「受けるつもりはない」(11.7%)、「まだわからない」(32.1%)といった回答もみられた。

 子どもへのワクチン接種が開始されたら、受けさせるかを尋ねたところ、「受けさせたい」が26.3%、「受けさせるつもりはない」が20.0%だったのに対して、「まだわからない」が53.6%に達している。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0