Shoeisha Technology Media

EdTechZine(エドテックジン)

記事種別から探す

花まるラボの教材アプリ「Think!Think!」が「Google Play Awards 2017」Kids部門のファイナリストに選出

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/27 12:38

 花まるラボが開発・運営する、iOS/Android向け教材アプリ「Think!Think!(シンクシンク)」が、「Google Play Awards 2017」の「Best App for Kids」部門で、ファイナリストに選出された。

 「Think!Think!」は、2016年3月に一般公開された、空間認識・平面図形などの問題を通して思考センスを育む教材アプリ。2017年3月に完全無料化され、内容の大幅なアップデートも行った。算数オリンピックおよび世界最大のオンライン算数大会「世界算数」の問題作成を担当し、花まる学習会思考力特別講座のカリキュラムを考案した、花まるラボ代表の川島慶氏が監修を担当している。全問題を、川島氏を中心とする東大卒精鋭チームが作成し、ゲーム感覚で楽しみながら「考える力」を育む。

 「Google Play Awards」は、全世界のAndroidアプリを対象にした、Google Playの中でももっとも権威あるAwardsで、候補作品は最近の12か月にリリースまたは大きなアップデートが行われたアプリの中から、品質や革新性を基準に選出される。

 「Google Play Awards 2017」では、日本発のアプリとして「Pokemon Go」「Abema TV」「ファイヤーエンブレムヒーローズ」といったビッグタイトルが選出されているが、日本の教育アプリの受賞・ノミネートはこれまでの歴史になく、立ち上げ間もない「Think!Think!」が選出されるのは、きわめて異例といえる。

 なお、「Google Play Awards 2017」大賞の発表、および授賞式は5月18日18時30分(太平洋夏時間)から、Googleの主催イベント「Google I/O」にて実施され、ライブストリーミングも行われる。


【関連リンク】
花まるラボ
「Think!Think!」
「Google Play Awards 2017」(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0