EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

奈良県生駒市、独自開発のコンテンツで「SNSの使い方・情報モラル」に関する授業を実施

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/18 06:00

 奈良県生駒市は「SNSの使い方・情報モラル」に関する独自の授業コンテンツを開発し、昨年度から市立小学校で順次開催している。本年度は6月16日と17日に生駒南小学校で、18日に桜ヶ丘小学校で実施する。

 同市の「SNSの使い方・情報モラル」授業の特徴は次の3点。

(1)与えられた3つのキーワードから個人情報を検索・特定する

 顔を隠し、声を変えた講師がオンラインで自分に関する3つのキーワード(名字、役職、地名)を提示する。子どもたちはそれを頼りに30分間インターネットで講師の個人情報を検索し、10問のクイズ(講師の住所、名前、子どもの名前、生年月日など)に解答。Googleフォームから解答を入力し、送信すると瞬時に点数が出てくる仕組みになっている。

 自分たちが30分検索するだけで他者の個人情報を簡単に検索できることを体感すると同時に、悪意のある大人に検索される危険性も実感できる。

顔をイラスト化し、声を変えてヒントを出す講師と、タブレットを利用して個人情報を探る子どもたちの様子
顔をイラスト化し、声を変えてヒントを出す講師と、タブレットを利用して個人情報を探る子どもたちの様子

(2)SNSの可能性と危険性の両面を紹介する

 講師の家族はSNSのおかげで出版やテレビ出演が叶ったり、フリマアプリの社長と会えたりするなど奇跡的な出来事を体験している。同時に、SNSで言葉の暴力を受けたことも紹介し、SNSや情報と上手に付き合う5つのポイントを伝える。

(3)実際のSNS投稿画面を教材に、「SNSの定義や特徴、機能」を説明する

 Facebook、LINE、Instagram、TikTok、Twitterなどの実際の画面を映しながら、SNSの定義や各SNSの特徴を解説。実際に知らない人から講師に来たメッセージなどを用いながら、最低限知っておきたい「自分を守るための機能」も説明する。

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0