EdTechZine(エドテックジン)

学習目的・対象者別

社会人になってからの英語学習、7割超の人が目的達成に至らず

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/01/27 12:15

 プログリットは、社会人になってからの英語学習経験に関するアンケート調査の結果を、1月27日に発表した。同調査は、20~50代の男女1000名に対して、12月9日~11日に行われている。

 調査対象者に、社会人になってからの英語学習経験の有無を尋ねたところ、「社会人になってからの英語学習経験がある」という回答は65%に達した。

社会人になってからの英語学習経験の有無

 社会人になってから英語学習経験が「ある」と答えた人に、その目的を尋ねた質問では、「ビジネス・仕事目的」が44%、趣味など「その他目的」が43%、「資格試験目的」が13%となっている。

社会人になってからの英語学習の目的

 社会人になってからの英語学習経験を世帯年収別でみると、世帯年収が高いほど英語学習の経験がある傾向がみられた。また、世帯年収が上がるごとにビジネス・仕事目的で英語学習を行う人の割合が高くなる。

年収と社会人になってからの英語学習の有無/世帯年収と社会人になってからの英語学習の目的

 社会人になってから英語学習経験が「ある」と答えた人に、英語学習の目的を達成できたかを尋ねたところ、「目的を達成できていない」という回答が73%に達した。学習目的別では、ビジネス目的では66.6%、資格試験目的では71.6%、その他目的では80.9%の人が目的を達成できていないことが明らかになっている。

英語学習の目的を達成できたか/学習目的別達成度

関連リンク



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.0